南関山登りクラブ「水俣矢筈岳」

2018.02.12 Monday

0

    今月の「南関山登りクラブ」今月は、水俣市の山奥、

     

    湯の鶴温泉からさらに登った「矢筈岳」です。

     

    001.jpg

    昨年読んだ佐伯泰英の小説「空也十番勝負、青春篇 声なき蝉」

     

    坂崎空也が肥後から、他国者を受け入れない薩摩へ入国するのに、

     

    精霊が住む山嶺を苦労して突破する話でした。

     

    その肥後と薩摩藩出水にまたがる矢筈岳です。

     

    矢筈岳1.jpg

     

    心配した天気は何とかなりそう、8時前の出発です。日奈久まで1時間。

     

    IMG_8742.jpgIMG_8743.jpg

     

    たのうら道の駅に9:12着トイレ休憩です。それから山中に入り、湯の鶴温泉を通ります。

     

    IMG_8745.jpgIMG_8749.jpg

    駐車場着。さあ登山です。

    IMG_8751.jpgIMG_8753.jpg

     

    最初は軽トラックなら通れそうな山道です。こんなところも西南戦争激戦地だそうです。

     

    IMG_8756.jpgIMG_8754.jpg

     

    山が見えてきました。          30分弱で、登山道入り口です。

     

    IMG_8758.jpgIMG_8759.jpg

     

    矢筈岳と女岳の分かれ道。この看板に騙されて、まず女岳に登りました。

     

    看板では「絶景展望所 5分」とありますが、急坂を13分かけてやっと登り着いたら、

     

    全く見張らせない狭い頂上でがっかり、看板に騙されました。

     

    IMG_8762.jpgIMG_8763.jpg

     

    IMG_8764.jpgIMG_8766.jpg

     

    また苦労して下り、この矢筈岳に登ります。

     

    IMG_8767.jpgIMG_8769.jpg

     

    急坂はロープを頼りに登ります。

     

    IMG_8770.jpgIMG_8772.jpg

     

    やっと頂上です。疲れました。

     

    勤王の士高山彦九郎の歌碑があります。

     

    草も木も なびかさんとや 梓弓 矢筈が岳に 登る楽しさ」寛政四年三月四日 かな?

     

    IMG_8774.jpgIMG_8775.jpg

     

    小雪が舞っています。たぶん気温は0度でしょう。

     

    IMG_8777.jpgIMG_8778.jpg

     

    さあ楽しいお弁当です。

     

    IMG_8782.jpgIMG_8784.jpg

     

    小雪がやんで、晴れてきました。水俣市街が見えます。 湯の児温泉方面です。

     

    IMG_8786.jpgIMG_8787.jpg

     

    中央の島は水俣市の、恋路島です。

     

    IMG_8788.jpg

     

    湯の児温泉方面です。

     

    IMG_8789.jpg

     

    右が米ノ津港、左が出水方面です。

     

    IMG_8790.jpg

     

    日奈久方向は山ばかりです。

     

    IMG_8791.jpg

     

    寒いのでもう下山です。急坂は下りが難しい。昨日の雨で滑りやすい。

     

    IMG_8793.jpgIMG_8797.jpg

     

    IMG_8798.jpgIMG_8799.jpg

     

    津奈木の重盤岩がすごい。登ってみたいです。

     

    IMG_8813.jpg

    南関山登りクラブ 金栗四三翁の通学コースを歩く

    2018.01.21 Sunday

    0

      一月の南関山登りクラブは、山登りの後、新年お食事会です。

       

      今回は来年のNHK大河ドラマの主人公、金栗四三翁が

       

      玉名北高等小学校に通学したコースを歩きました。

      IMG_8536.jpg

       

      隣町、和水町春富 中林の金栗四三翁の生家の見学ですが、

       

       

      IMG_8533.jpg

       

      石碑があります。

       

      IMG_8532.jpg

       

      体力、気力、努力、どれも私には欠けています。

       

      IMG_8531.jpg

       

      たぶんここが生家では?、のぼりがあるから。でも空き家です。

       

      IMG_8542.jpg

       

      ここまでは町民バスで萩の谷から二城山を北回りで来ました。

       

      さあここからあの二城山の南側を一回り、向こう側まで歩きます。

       

      IMG_8546.jpg

       

      途中、秀吉が九州統一に来たとき、南関の豪族が抵抗したが、

       

      ここで亡くなった山城がありました。

       

      (この記事は不確実?)

       

      IMG_8548.jpg

       

      この近辺には、体の各部所にご利益がある神様が八か所あり、

       

      ここは「歯の神様」です。

       

      IMG_8549.jpg

       

      また神様が見えてきました。

       

      IMG_8550.jpg

       

      ここは「七郎神」で性と腰(これで想像してください)の神様です。

       

      女性の皆さんが興味を示し、撫でまわしています。

       

      IMG_8553.jpg

       

      IMG_8554.jpg

       

      IMG_8555.jpg

       

      また神様がおられます。

       

      IMG_8558.jpg

       

      IMG_8559.jpg

       

      今日のコースは、私の中学校の先生が出版された「あした鮮やかに」の中に、

       

      先生の父親の思い出の文章で

       

      「これは余談となるが、マラソン王として日本の長距離界に名を馳せた同年代の金栗四三氏は、

       

      二城山の北に位置する春富村から毎日この山を駆け足で往復した。その少年時代の経験が

       

      後世のマラソン王の所以である・・・・・。」

       

      「やつ(彼)は常に四三(試走)していたからね。」とは、父がなつかしそうにこぼした言葉だった。」

       

      と掲載されています。

       

      NHKテレビで

      「金栗四三翁のパスポートには「SIZOU」となっているがドラマでは「しそう」と呼ぶ」

       

      と言っていましたが、それが正しいようです。


      これを読んでからぜひこの通学コースを歩いてみたいと思いました。

       

      このコースの途中にその先生宅があるのでお邪魔しました。

       

      肖像権の関係で美男美女の顔を隠しています。

       

      IMG_8564.jpg

       

      その目的地、学校にやっと着きました。1時間45分かかりました。

       

      IMG_8565.jpg

       

      現在は「南関第三小学校」になっています。

       

      IMG_8566.jpg

       

      玉名北高等小学校跡」(あとの字、足偏に止が出ません)

       

      IMG_8572.jpg

       

      説明文がありますが良く読めません。

       

      IMG_8570.jpg

       

      IMG_8573.jpg

       

      まだこれから集合場所まで2km近くあります。

       

      IMG_8574.jpg

       

      途中大石製材所が解体され広い空き地になっています。

       

      IMG_8577.jpg

       

      さあホテルセキアで楽しみの新年お食事会です。

       

      IMG_8579.jpg

       

      002.jpg

       

       

      配達帰りに 小岱山登山

      2017.12.18 Monday

      0

        荒尾市の「庄山老人クラブ」?から、月一回お弁当とお買い物の注文があります。

         

        これまで庄山公民館に届けていましたが、

         

        先月から小岱山登山道路のグランドゴルフ場へ配達しています。

         

        今日も気温2度くらいの高台で11人、元気にゲームをされています。

         

        IMG_8162.jpg

         

        せっかくここまで来て、この後仕事が無いのでちょっと小岱山に登ってみよう。

         

        IMG_8167.jpg

         

        地図を持ってこなかったけど中央登山口だからわかるだろう。

         

        近くに10台ぐらい車が駐車しています。多くの人が登られているのでは。

         

        登ってみるか。

         

        IMG_8168.jpg

         

        最初はえらい楽コースでした。30分ぐらいかなと思って、

         

        IMG_8169.jpg

         

        だんだん険しくなって、

         

        IMG_8172.jpg

         

        登山道もわかりにくくなって、

         

        IMG_8174.jpg

         

        何とか分水嶺の縦走路に着きました。

         

        右に行くべきか、左に行くべきか、ええい左だ!

         

        IMG_8176.jpg

        5分も行かないうちに「荒尾展望所」に着きました。良かった。

         

        IMG_8178.jpg

         

        西の有明海側が素晴らしく良く見えます。

         

        朝のうちは雪がちらつき曇っていましたが見晴らしが良くなりました。

         

        気温はたぶん一度でしょう。

         

        IMG_8179.jpg

         

        すぐ下に長洲、向こうに普賢岳です。

         

        IMG_8180.jpg

         

        荒尾のグリーンランドの観覧車が見えます。

         

        IMG_8181.jpg

         

        遠く宇土半島、天草の湯島も見えます。

         

        IMG_8185.jpg

         

        蓮華院誕生寺奥の院です。

         

        IMG_8187.jpg

         

        玉名平野と菊池川です。

         

        IMG_8189.jpg

         

        IMG_8192.jpg

         

        縦走路は平たんですが、下りは急斜面に出来た登山道で、

         

        危険な所には手すり替わりのロープが張ってあります。

         

        IMG_8193.jpgIMG_8194.jpg

         

        帰ってから地図を見たら、縦走路に出たら右が良かったのではと思いました。

         

        001.jpg

         

        南関山登りクラブ 南阿蘇 清栄山

        2017.12.13 Wednesday

        0

          南関山登りクラブ 今年の最終回は南阿蘇です。

           

          清栄山 001.jpg

          天気が心配ですが、8時出発です。

           

          IMG_8059.jpg

           

          阿蘇、立野あたりから車窓に地震被災の山崩れが見えます。

           

          IMG_8064.jpgIMG_8068.jpg

           

          南阿蘇の奥、高森の東です。「高森殿の大杉」駐車場までバスで来ました。

           

          肥後の赤牛がのんびりと草を食んでいます。

           

          IMG_8071.jpgIMG_8074.jpg

           

          「お〜い」と呼んだら近づいて来ました。いい顔をしています。

           

          IMG_8077.jpgIMG_8079.jpg

           

          準備運動をして出発です。まずは農道です。

           

          IMG_8082.jpgIMG_8084.jpg

           

          道端に雪が残っています。

           

          IMG_8086.jpgIMG_8087.jpg

           

          車道から急こう配の登山道を登ります。

           

          IMG_8088.jpgIMG_8089.jpg

           

          急坂の尾根を登ります。

           

          IMG_8091.jpgIMG_8092.jpg

           

          這い上がるような急坂を登ります。

           

          IMG_8097.jpgIMG_8099.jpg

           

          1006.3mの清栄山山頂に到着です。高森の町と久木野方面が見渡せます。

           

           

           

          IMG_8101.jpgIMG_8102.jpg

           

          IMG_8103.jpgIMG_8107.jpg

           

          楽しいお弁当の時間ですが、南関は雨が降り出したとの情報で、雨が降ると坂を下るのが難

           

          しいので早々に下山です。

           

          IMG_8110.jpgIMG_8113.jpg

           

          IMG_8116.jpgIMG_8118.jpg

           

          岩の間に日本ミツバチの巣箱があります。 先ほど登った頂上の南西側は岩の絶壁です。

           

          IMG_8119.jpgIMG_8121.jpg

           

          「高森殿の杉」を見に行きました。

           

          IMG_8124.jpgIMG_8125.jpg

           

          これは大きい杉で、枝が地面に降りて根付きそこからまた杉の木大きくなっています。

           

          IMG_8129.jpgIMG_8130.jpg

           

          次は「湧水トンネル」のクリスマス飾り見物です。

           

          IMG_8133.jpgIMG_8137.jpg

           

          中々写真に撮るのが難しい「水のカーテンへストロボ照明」が不思議に見えます。

           

          トンネルの行き止まりから轟轟と水が湧きだしています。

           

          IMG_8144.jpgIMG_8145.jpg

           

          002.jpg001.jpg

           

          南関山登りクラブ 「行縢山」登山

          2017.11.02 Thursday

          0

            台風一過、素晴らしい天気になりました。

             

            若干倒木があるかもしれませんが、大雨のおかげで

             

            渓流の水も滝の水量も多く、楽しそうです。

             

            9時前に行縢神社(むかばき)に着き、

             

            めいめい準備運動や靴の紐確認などをしています。

             

            IMG_7693.jpg

             

            行縢神社から9時登山開始です。

             

            IMG_7694.jpg

             

            狛犬なのか、一頭だけ鳥居に尻を向けています。どうしてかな?

             

            IMG_7697.jpg

             

            大きな夫婦杉?があります。

             

            IMG_7698.jpg

             

            最初の渓流渡りは立派な橋があります。

             

            IMG_7702.jpg

             

            IMG_7705.jpg

             

            ここらあたりから石ゴロゴロ道です。楽しい!!。

             

            IMG_7707.jpg

             

            2回目の渓流渡りは、丸太橋ならぬ角材橋です。

             

            IMG_7710.jpg

             

            次の渓流渡りは、立派なつり橋で、「滝見橋」。水量の増えた滝が望めます。

             

            また、荒々しい岩壁がそびえています。

             

            IMG_7717.jpg

             

            IMG_7718.jpg

             

            IMG_7722.jpg

             

            IMG_7726.jpg

             

            IMG_7727.jpg

             

            今度の渓流渡りは難所です。たぶん平常は楽に渡れるのでしょうが、

             

            昨日の台風の豪雨で水量が増え、難所でした。

             

            IMG_7743.jpg

             

            メンバーの中の屈強?な男がサポートして、やっと渡れました。

             

            IMG_7744.jpg

             

            IMG_7746.jpg

             

            サザンカが咲いています。

             

            IMG_7747.jpg

             

            こんな山奥の車で来れない杉林が綺麗に枝落とし、間引きなど手入れされています。

             

            IMG_7751.jpg

             

            2時間50分で頂上に着きました。久々にハードなコースです。

             

            三角点です。標高831m。

             

            IMG_7756.jpg

             

            「祖母傾山 国定公園 行縢山」の石碑があります

             

            IMG_7758.jpg

             

            左に四国、そして太平洋、

             

            その向こうにサンフランシスコ、ハワイ、ロサンゼルスが見えません。

             

             

            IMG_7760.jpg

             

            IMG_7766.jpg

             

            今日の弁当は皆同じ、ほっともっとの「のり弁」です。

             

            IMG_7768.jpg

             

            IMG_7770.jpg

             

            IMG_7773.jpg

             

            「滝まで5分」につられて行くと、

             

             

            IMG_7780.jpg

             

            スリル満点の登山道で、

             

            IMG_7782.jpg

             

            見れる場所は滝の中間で

             

            あまり近すぎて水量が多く、びっしょり濡れました。

             

            IMG_7784.jpg

             

            IMG_7786.jpg

             

            20分下って、瀧見橋から良く見えます。

             

            しかし残念ながら滝壺は林の中で見えません。

             

            IMG_7788.jpg

             

            IMG_7792.jpg

             

            IMG_7796.jpg

             

            3時前に行縢神社駐車場に着きました。

             

            IMG_7799.jpg

             

            帰りに「清和文楽邑」でトイレ休憩です。

             

            IMG_7804.jpg