白秋の生家 石井家散歩

2018.01.10 Wednesday

0

    今日は、南関町関外目の「石井家」をゴン散歩しました。

     

    この石井家は私の小学校時代の校長先生「石井辰子先生」の家で、

     

    そのご主人、画家で南関町長をされた「石井了介先生」の家です。

     

    石井了介画伯の「すずめ」の額と掛軸が我が家にあります。

     

    中々立派な家で、昔は3階があったと記憶していますが、

     

    老朽化して3階は取り壊されているようです。

     

    歌人「北原白秋」は、母の里、この石井家で生まれました。

     

    また少年時代までしょっちゅうここを始め南関町に来て、


    平井家や真光寺で本を読み漁っておられたそうです。

     

     

    IMG_8403.jpg

     

    門を入ってすぐ右に大きなヤマザクラがあります。

     

    IMG_8400.jpgIMG_8384.jpg

     

    築何年なのか、立派な家のようです。

     

    数年前まで石井さんが住んでおられました。

     

    若い夫婦で小さい子供さんが数人おられました。

     

    IMG_8390.jpg

     

    IMG_8383.jpg

     

    この石碑は

     

    「春霞 関の外目は玉蘭(はくれん)の

           

              花ざかりかも 母の玉名は」

     

    IMG_8381.jpg

     

    その石碑の横に「玉蘭」が今年も蕾が付いていて春には花を咲かせます。

     

    IMG_8382.jpg

     

    珍しい壺や、つるべ井戸の滑車があります。

     

    IMG_8394.jpg

     

    高台なのでこの井戸はかなり深いのではと思います。

     

    IMG_8393.jpg

     

    丁度、南関町公民館の方が、膨大な蔵書のチェックをされていました。

     

    雨漏りで少し汚れているのもあります。

     

    IMG_8391.jpg

     

    IMG_8392.jpg

     

    南関町関外目は、南関インターチェンジの北側の台地です。

     

    IMG_8402.jpg

     

    気温は4度くらいですが、入道雲のような雲が出ています。

     

    この右の山が「大津山」と思われます。

     

    IMG_8401.jpg

    大里桃子プロ激励会

    2018.01.10 Wednesday

    0

      九州高校生ゴルフ大会などで優勝経験のある

       

      南関町出身の大里桃子さんが、

       

      2018プロゴルファー国内女子ツアーに参戦されます。

       

      激励会があるのですが、私はゴルフ経験がありません。

       

      ゴルフすきの方はぜひ激励会に出席して、

       

      応援をしてあげてください。

       

      002.jpg

      「なんかんぎおんさん」 南関祇園祭のご案内

      2017.08.01 Tuesday

      0

        IMG_6631.jpg

         

        毎日暑さが続きますが、この暑さを吹き飛ばすパワーの

         

        「なんかんぎおんさん」が

         

        8月5日(土曜日)に行われます。

         

        以下 ご案内です。

         

        002.jpg001.jpg003.jpg004.jpg

        南関町の行事のご案内

        2017.03.13 Monday

        0

          doc11617820170313062957_001.jpgdoc11618020170313063057_001.jpg

          南関町の竹活用プロジェクト

          2017.02.07 Tuesday

          0

            数年前から話を聞いていましたが、

             

            いよいよ、繁殖しすぎて困っていた竹を

             

            資源として有効活用する企業が出来る様です。

             

            産経新聞は南関では購読者が少ないので

             

            無断転載します。

            doc11270420170207064514_001.jpg