南関山登りクラブ「水俣矢筈岳」

2018.02.12 Monday

0

    今月の「南関山登りクラブ」今月は、水俣市の山奥、

     

    湯の鶴温泉からさらに登った「矢筈岳」です。

     

    001.jpg

    昨年読んだ佐伯泰英の小説「空也十番勝負、青春篇 声なき蝉」

     

    坂崎空也が肥後から、他国者を受け入れない薩摩へ入国するのに、

     

    精霊が住む山嶺を苦労して突破する話でした。

     

    その肥後と薩摩藩出水にまたがる矢筈岳です。

     

    矢筈岳1.jpg

     

    心配した天気は何とかなりそう、8時前の出発です。日奈久まで1時間。

     

    IMG_8742.jpgIMG_8743.jpg

     

    たのうら道の駅に9:12着トイレ休憩です。それから山中に入り、湯の鶴温泉を通ります。

     

    IMG_8745.jpgIMG_8749.jpg

    駐車場着。さあ登山です。

    IMG_8751.jpgIMG_8753.jpg

     

    最初は軽トラックなら通れそうな山道です。こんなところも西南戦争激戦地だそうです。

     

    IMG_8756.jpgIMG_8754.jpg

     

    山が見えてきました。          30分弱で、登山道入り口です。

     

    IMG_8758.jpgIMG_8759.jpg

     

    矢筈岳と女岳の分かれ道。この看板に騙されて、まず女岳に登りました。

     

    看板では「絶景展望所 5分」とありますが、急坂を13分かけてやっと登り着いたら、

     

    全く見張らせない狭い頂上でがっかり、看板に騙されました。

     

    IMG_8762.jpgIMG_8763.jpg

     

    IMG_8764.jpgIMG_8766.jpg

     

    また苦労して下り、この矢筈岳に登ります。

     

    IMG_8767.jpgIMG_8769.jpg

     

    急坂はロープを頼りに登ります。

     

    IMG_8770.jpgIMG_8772.jpg

     

    やっと頂上です。疲れました。

     

    勤王の士高山彦九郎の歌碑があります。

     

    草も木も なびかさんとや 梓弓 矢筈が岳に 登る楽しさ」寛政四年三月四日 かな?

     

    IMG_8774.jpgIMG_8775.jpg

     

    小雪が舞っています。たぶん気温は0度でしょう。

     

    IMG_8777.jpgIMG_8778.jpg

     

    さあ楽しいお弁当です。

     

    IMG_8782.jpgIMG_8784.jpg

     

    小雪がやんで、晴れてきました。水俣市街が見えます。 湯の児温泉方面です。

     

    IMG_8786.jpgIMG_8787.jpg

     

    中央の島は水俣市の、恋路島です。

     

    IMG_8788.jpg

     

    湯の児温泉方面です。

     

    IMG_8789.jpg

     

    右が米ノ津港、左が出水方面です。

     

    IMG_8790.jpg

     

    日奈久方向は山ばかりです。

     

    IMG_8791.jpg

     

    寒いのでもう下山です。急坂は下りが難しい。昨日の雨で滑りやすい。

     

    IMG_8793.jpgIMG_8797.jpg

     

    IMG_8798.jpgIMG_8799.jpg

     

    津奈木の重盤岩がすごい。登ってみたいです。

     

    IMG_8813.jpg

    コメント
    コメントする