鞍岳楽コースと 宗不旱歌碑

2019.04.13 Saturday

0

    以前旭志の鞍岳に、四季の里旭志のすぐ近くから苦労して登ったら、

     

    どうも楽なコースがあるらしく軽装で小さな子供も登ってきました。

     

    天気が良く時間があったので行ってみました。

     

    四季の里旭志の駐車場トイレの壁に、

     

    IMG_4752.jpgIMG_4753.jpg

     

    蛾が休んでいます。巾10cm位。勝手に名付けて「タイガー蛾」

     

    グーグル地図で調べ、鞍岳の東から登りました。

     

    下から見ると登れるかな?と心配する急斜面です。

     

    四季の里旭志の案内です。

     

    IMG_4755.jpgIMG_4756.jpg

     

    東登山口第一駐車場から11:40登り始め。これは楽コース。馬酔木の大群落です。

     

     

    IMG_6458.jpgIMG_6459.jpg

     

                        黄スミレが綺麗です。

     

    IMG_6466.jpgIMG_6470.jpg

     

    ゆっくり登ったので30分弱かかりました。阿蘇は雲がかかっています。

     

    IMG_6478.jpgIMG_6479.jpg

     

    IMG_6480.jpgIMG_6485.jpg

     

                                1119mからの眺めです。

     

    IMG_6488.jpgIMG_6491.jpg

     

    四季の里旭志にしゃくなげ園があります。入場料200円の表示がありますが、入り口はロープが架かっていました。

     

    IMG_4758.jpgIMG_4761.jpg

     

    藤が咲きはじめ、しだれ桜が終わろうとしています。

     

    IMG_4763.jpgIMG_4764.jpg

     

    北へ車で5分、宗不旱の歌碑を見に行きました。

     

    IMG_4765.jpgIMG_4767.jpg

     

    私は宗不旱を知りませんでしたが、中学校時代の先生から聞いて、ついでに来てみました。

     

    放浪の俳人、山頭火と似たような歌人のようです。

     

    IMG_4768.jpgIMG_4774.jpg

     

    グーグルの地図には、歌碑と終焉の地が載っています。

     

    IMG_4777.jpgIMG_6457.jpg

    ビッグオークのちらし情報 ゴールデンウイーク焼肉刺身寿司オードブルセット

    2019.04.11 Thursday

    0

      Page0001.jpgPage0002.jpg

      南関山登りクラブ 八女星野村 石割岳

      2019.04.09 Tuesday

      0

         

        南関山登りクラブ、今月は平成31年度初回で、クラブ総会から始まりました

         

        001.jpg

         

        この文章は、A−ライフなんかんへの報告書です。

         

         

        2019.4 001.jpg

         

        総会で、皆勤賞の表彰がありました。私は開聞岳と由布岳を体力の自信なく、

         

        また足立山は雨で変更になった日が都合悪く休み、皆勤賞はもらえませんでした。

         

        八女から星野川に沿いどんどん登りました。

         

        段々畑の茶畑が多くあります。

         

        IMG_4656.jpgIMG_4657.jpg

         

        石割岳憩いの森駐車場から登ります。

         

        IMG_4663.jpgIMG_4665.jpg

         

        登山道の途中に大きな石がそびえています。

         

        IMG_4667.jpgIMG_4671.jpg

         

         

        IMG_4672.jpgIMG_4673.jpg

         

        登山道は傾斜はありますが、歩きやすく整備されています。

         

        スリルのある鎖場や梯子、沢渡りが無いのでやや物足りない感じです。

         

        IMG_4674.jpgIMG_4676.jpg

         

        登り始めて1時間余りで石割岳頂上に到着。

         

        IMG_4679.jpgIMG_4684.jpg

         

        南東方向に来月登る予定の城山があるはずですが、どれかな?

         

        IMG_4685.jpgIMG_4687.jpg

         

        IMG_4689.jpgIMG_4699.jpg

         

        馬酔木(アセビ)の大きな木が花盛りです。

         

        IMG_4702.jpgIMG_4703.jpg

         

        サクラは葉桜に、シャクナゲはつぼみでした。

         

        IMG_4705.jpgIMG_4707.jpg

         

        IMG_4709.jpgIMG_4711.jpg

         

        点茶2gを石臼で挽きます。重労働です。

         

        IMG_4712.jpgIMG_4713.jpg

         

        お茶と和菓子のセットです。           素敵な茶室。

         

        IMG_4714.jpgIMG_4716.jpg

         

        茶室へ続くお庭が素敵です。  

         

        IMG_4717.jpgIMG_4720.jpg

         

        Page0001.jpg

        大津山公園と登山

        2019.04.05 Friday

        0

           

          南関第一小学校から大津山です。さくらさく。  参道のシャクナゲ

           

          IMG_4567.jpgIMG_4569.jpg

            

          参道の桜がきれいです。白いので咲きはじめ。

           

          IMG_4571.jpgIMG_4572.jpg

           

          あせび。 大津山 ここの御宮の見わたしを 族(うから)がものと我らすずしむ 白秋

               だったかな?

           

          IMG_4570.jpgIMG_4573.jpg

           

             早生者(わさもん)のツツジが咲いています。

           

          IMG_4575.jpgIMG_4577.jpg

           

          大津山阿蘇神社の北側、大津山公園の桜が満開です。

           

          IMG_4619.jpgIMG_4623.jpg

           

          この公園を上り詰めると、東側に大津山登山道公園コースの登り口があります。

           

          IMG_4624.jpgIMG_4646.jpg

           

          急こう配できついコースです。 少し登ると左側に謎の壕?があります。

           

          IMG_4642.jpgIMG_4626.jpg

           

          昔、中学生の時探検に来たことがあります。

           

          大津山頂上の「つづらヶ嶽城」からの抜け道?かも。

           

          IMG_4630.jpgIMG_4628.jpg

           

          大津山頂上の桜は「葉桜」です。このさくらの葉を見ると桜餅が食べたい。

           

          IMG_4634.jpgIMG_4638.jpg

           

          桜の花びらが風に舞っています。 この石橋の名前は「おこんば橋」です。

           

          IMG_4647.jpgIMG_4648.jpg

           

          南関俳句会 2月号

          2019.04.03 Wednesday

          0

            2俳句会 001.jpg