南関俳句会 12月号

2018.01.25 Thursday

0

    001-001.jpg

    龍瀬川の源流 萩の谷

    2018.01.24 Wednesday

    0

      萩の谷公民館へお弁当配達です。

       

      ついでに村の奥へ行きました。

       

      南関から春富への道路です。

       

      この先、井手ノ上、かご原、前原、笛麓、萩の谷の部落があります。

       

      IMG_8469.jpg

       

      峠を超すと春富です。その峠の手前に萩の谷公民館があります。

       

      その手前から右に入ると萩の谷の村落です。

       

      IMG_8459.jpg

       

      IMG_8460.jpg

       

      龍瀬川の源流です。

       

      IMG_8461.jpg

       

      この先はもう家は無いでしょう。

       

      IMG_8463.jpg

       

      たけのこ畑です。良く手入れされています。

       

      IMG_8462.jpg

       

      この奥の山を越すと春富の中林、金栗四三翁の生誕の地です。

       

      IMG_8466.jpg

       

      良く見えませんが、神社がありそうです。

       

      IMG_8464.jpg

       

       

      南関山登りクラブ 金栗四三翁の通学コースを歩く

      2018.01.21 Sunday

      0

        一月の南関山登りクラブは、山登りの後、新年お食事会です。

         

        今回は来年のNHK大河ドラマの主人公、金栗四三翁が

         

        玉名北高等小学校に通学したコースを歩きました。

        IMG_8536.jpg

         

        隣町、和水町春富 中林の金栗四三翁の生家の見学ですが、

         

         

        IMG_8533.jpg

         

        石碑があります。

         

        IMG_8532.jpg

         

        体力、気力、努力、どれも私には欠けています。

         

        IMG_8531.jpg

         

        たぶんここが生家では?、のぼりがあるから。でも空き家です。

         

        IMG_8542.jpg

         

        ここまでは町民バスで萩の谷から二城山を北回りで来ました。

         

        さあここからあの二城山の南側を一回り、向こう側まで歩きます。

         

        IMG_8546.jpg

         

        途中、秀吉が九州統一に来たとき、南関の豪族が抵抗したが、

         

        ここで亡くなった山城がありました。

         

        (この記事は不確実?)

         

        IMG_8548.jpg

         

        この近辺には、体の各部所にご利益がある神様が八か所あり、

         

        ここは「歯の神様」です。

         

        IMG_8549.jpg

         

        また神様が見えてきました。

         

        IMG_8550.jpg

         

        ここは「七郎神」で性と腰(これで想像してください)の神様です。

         

        女性の皆さんが興味を示し、撫でまわしています。

         

        IMG_8553.jpg

         

        IMG_8554.jpg

         

        IMG_8555.jpg

         

        また神様がおられます。

         

        IMG_8558.jpg

         

        IMG_8559.jpg

         

        今日のコースは、私の中学校の先生が出版された「あした鮮やかに」の中に、

         

        先生の父親の思い出の文章で

         

        「これは余談となるが、マラソン王として日本の長距離界に名を馳せた同年代の金栗四三氏は、

         

        二城山の北に位置する春富村から毎日この山を駆け足で往復した。その少年時代の経験が

         

        後世のマラソン王の所以である・・・・・。」

         

        「やつ(彼)は常に四三(試走)していたからね。」とは、父がなつかしそうにこぼした言葉だった。」

         

        と掲載されています。

         

        NHKテレビで

        「金栗四三翁のパスポートには「SIZOU」となっているがドラマでは「しそう」と呼ぶ」

         

        と言っていましたが、それが正しいようです。


        これを読んでからぜひこの通学コースを歩いてみたいと思いました。

         

        このコースの途中にその先生宅があるのでお邪魔しました。

         

        肖像権の関係で美男美女の顔を隠しています。

         

        IMG_8564.jpg

         

        その目的地、学校にやっと着きました。1時間45分かかりました。

         

        IMG_8565.jpg

         

        現在は「南関第三小学校」になっています。

         

        IMG_8566.jpg

         

        玉名北高等小学校跡」(あとの字、足偏に止が出ません)

         

        IMG_8572.jpg

         

        説明文がありますが良く読めません。

         

        IMG_8570.jpg

         

        IMG_8573.jpg

         

        まだこれから集合場所まで2km近くあります。

         

        IMG_8574.jpg

         

        途中大石製材所が解体され広い空き地になっています。

         

        IMG_8577.jpg

         

        さあホテルセキアで楽しみの新年お食事会です。

         

        IMG_8579.jpg

         

        002.jpg

         

         

        「相撲は神事であり、力士は神官のような・・・」

        2018.01.20 Saturday

        0

          白鵬が休場して相撲をテレビで見るようになった。

           

          今までの白鵬の相撲は腹が立って見たくなかった。

           

          立ち上がりすぐ顔を殴る張り手と、

           

          硬いサポーターをした右ひじでのカチあげ、

           

          しかし対戦相手は白鵬に同じ手は怖くて使えない。

           

          白鵬が以前負けた正代に対して先場所だったか、

           

          徹底して張り手などで懲らしめる手を使って勝った。

           

          しかも押し出した相手をまた押し倒すダメ押しをよくする。

           

          やっと批判が出て今場所からこの手が禁じ手になったようで、

           

          突然弱くなり診断書を取って休場した。

           

          今村翔吾の小説「火喰鳥」を読んでいたら、

           

          「鳶の最高給与ともいうべき年十両を、力士は幕の内に入れば稼ぎ出す。

           

          身分においてもそうである。相撲は神事であり、力士は神官のような側面も持っている。

           

          そのため、力士の中には武士待遇で帯刀を許されている者も多い。」

           

          という内容があった。

           

          南関町の大津山阿蘇神社では、昔から「奉納相撲」があっています。

           

          神事があり、神楽か相撲甚句が奉納され、

           

          子供相撲から大人の相撲、赤ちゃんの土俵入りなどが毎年10月にあります。

           

          どうもモンゴル人には理解しにくい伝統なんでしょう。

           

          親方はもっと相撲道の教育に力を入れてほしいものです。

           

          南関町消防団 出初式 第2会場

          2018.01.16 Tuesday

          0

            掲載が遅くなりました。

             

            お正月恒例の南関町の名物行事「消防出初式」

             

            「玉落とし」と「ひっかけご」です。

             

            明治大正、昭和初期に製造された「竜吐水」(りゅうどすい)

             

            腕用(手撞き)消防ポンプです。

             

            IMG_8421.jpg

             

            まず最初は、最新消防車での「一斉放水」です。

             

            IMG_8423.jpg

             

            IMG_6033.jpg

             

            続いて、「玉落とし」

             

            分団(校区)対抗が4チーム、第一分団が部対抗で6チームです。

             

            日の丸の旗を合図に、腕用ポンプを引いて川へ走ります。

             

            IMG_6044.jpgIMG_6045.jpgIMG_6055.jpg

             

            IMG_6065.jpg

             

            吸水係の3人が準備のため川へ飛び込みます。

             

            吸水ホースの取り付けとポンプの迎い水を汲みます。

             

            IMG_6046.jpg

             

            IMG_6047.jpg

             

            ポンプを車から降ろし、手つき棒を取り付けます。

             

            IMG_6050.jpg

             

            次にホースと筒先を取り付けます。

             

            IMG_6049.jpg

             

            さあ 気合を入れて撞きます。筒先から勢いよく水が出ます。

             

            IMG_6056.jpg

             

            玉がかごから飛び出し、落ちました。バンザイ!

             

            IMG_6052.jpg

             

            さあ次はクライマックスの「放水合戦(ひっかけご)」です。

             

            見物の皆さん水がかかりますよご用心。

             

            IMG_6070.jpg

             

            IMG_6076.jpg

             

            熊日新聞と有明新報の転載です。

             

            Page0001.jpgPage0001.jpg